iPhoneのバッテリーが減る原因と対処法

iPhoneのバッテリーが減る原因と対処法

「iPhoneのバッテリーが一日持たなくなった」と感じることはありませんか?

バッテリーには寿命があり、使う頻度や使い方によって、寿命に達しやすくなります。

バッテリーは、使用しているうちに必ず消耗していくものです。

バッテリーの減りが早い時の原因や、簡単な対処法をお伝えしていきますので、困った時の参考にしてみてください。

iPhoneのバッテリーが減る原因

本体によるものから、使用環境に至るまで、バッテリーが減る原因は様々です。

例えば、以下のような原因が主に挙げられます。

・バッテリーや端末の不具合

・過酷な使用環境

・バッテリーの劣化

それぞれ詳しく解説していきます。

バッテリーや端末の不具合

バッテリー表示エラーが発生している場合、バッテリー本来の残量と上手くリンクしていないため、電池残量が急に変動したり、正しく表示されていなかったりすることがあります。

端末が原因の場合は、本体の再起動で改善する可能性があります。

過酷な使用環境

iPhoneに熱がこもり続けた状態で利用していると、バッテリーや端末に大きな影響を及ぼしてしまうことがあります。

自動的に電源が落ちたり、一時的に使えない状態になってしまったりする場合、適正温度に戻すことや、時間を空けることで解決する場合があります。

しかし、過酷な環境に晒し続けると、電源が入らなくなってしまうので注意しましょう。

バッテリーの劣化

iPhoneを購入して長い時間が経過していなくても、著しいバッテリーの劣化が発生していることがあります。

なぜなら、バッテリーには最大パフォーマンスで使用可能な回数が決まっているためです。

バッテリーが劣化しているか心配な場合には、以下の方法で確認してみましょう。

・iPhoneの「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」→「最大容量」

バッテリーの最大容量が80%を下回っている時は、交換推奨時期です。

充電と消費を繰り返す頻度が多くなり、ストレスになってしまうので、新しいバッテリーに交換しましょう。

端末設定やアプリに問題がある

バッテリーのピークパフォーマンスに問題がなくても、本体の設定等に問題がある場合があります。

例えば、以下のようになっていないかチェックしてみましょう。

・アプリの自動アップデートがオンになっている

・位置情報を常時オンにしている

・バッテリーの使用率が高いアプリを長時間使用

これらを使用したままにしていると、オフになっている時と比べてバッテリーの消費が激しくなるため、アプリによっては設定の見直しを検討するのがおすすめです。

アプリのバッテリーを使用状況は、以下の方法で確認可能です。

・「設定」→「バッテリー」→「App毎のバッテリー使用状況」

iPhoneのバッテリー持ちが悪いときの対処方法

iPhoneのバッテリー消耗が激しいと感じたら、まずは自分で対処してみましょう。

多少の改善が見込まれることもありますが、バッテリーの消耗が元に戻ることはないため、注意が必要です。

完全に回復したい場合には、バッテリーを交換することをおすすめします。

以下では、対処方法について詳しく解説していきます。

バックグラウンド更新をオフにする

iPhoneには自動的にデータをバックアップする機能が搭載されています。

バッテリー消費の一つの要因となります。

バックグラウンド更新をオフにして、アプリを使用していない時は自動的に更新されないよう、設定してみましょう。

設定方法は、以下の通りです。

・「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」→「オフ」にする

「低電力モード」を活用する

低電力モードにすることで、バッテリーの消耗を抑えるのは有効な手段です。

設定中は、無駄にアプリや自動機能を使うことがなく、iPhoneのバッテリーの減りが遅くなります。

設定方法は以下の通りです。

・「設定」→「バッテリー」→「低電力モード」をタップ

ただし、低電力モードでは以下の機能が制限されるため、注意しましょう。

・メールの自動取得

・Siriの起動

・データ等のバックグラウンド更新

・アプリ等の自動ダウンロード

・写真の同期

低電力モードは、外出先で電池が切れそうな時の一時的な処置であることを理解しておきましょう。

低電力モードでも、バッテリーが持たなくなってきた場合には、端末やアプリのパフォーマンスが下がってしまうため、早急にバッテリー交換しておきましょう。

過充電と過放電のサイクルを控える

iPhoneのバッテリーを長く使用したい場合には、過剰な充電と放電は控えましょう。

「過充電」とは電池の残量が100%になるまで充電することで、「過放電」は0%になるまで電池を使い切ってしまうことです。

極端な充電の変動は、バッテリーの劣化を早める原因となります。

有効な手段として、以下をおすすめします。

・充電が0%になる前に充電を始める

・充電が100%になる前に充電をやめる

・バッテリー残量が常に30%~80%を意識して充電する

普段からバッテリーの負担を最小限に抑えることができ、長く使用することができます。

まとめ

iPhoneのバッテリー消費が激しい原因は様々ですが、ほとんどのケースで見られるのは、以下の症状です。

・バッテリーや端末の不具合

・過酷な使用環境

・バッテリーの劣化

端末の設定次第では改善することもありますが、バッテリーに負荷のかかる使い方は、なるべく控えたいものです。

まずは自分で対処し、それでも改善しない場合には、新しいバッテリーへ交換しましょう。

スマホ豆知識カテゴリの最新記事