iPhone落下の影響と故障時の対処法

iPhone落下の影響と故障時の対処法

スマートフォンは日常使いに必須のアイテムであり、落下するリスクが付き物です。

つい手が滑ってしまい、落下させてしまったことはありませんか?

スマートフォンを落下させると、衝撃の大小に関わらず、ダメージが蓄積していきます。

ここでは「iPhoneを落下させてしまった場合、どのような影響が発生してしまうのか」について解説していきます。

故障時の対処法についても解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhone落下で発生する影響とは

iPhoneが落下した際に見られる影響は、衝撃による破損だけに留まらず、以下に挙げるものも考えられます。

・液晶画面の破損

・カメラの破損

・画面が映らない

・端末の配線や基盤破損による動作不良

・バッテリーの膨張

それぞれ、詳しく解説していきます。

端末液晶画面の破損

落下時に発生する頻度が高いのが「液晶画面の破損」です。

iPhoneは強化ガラスなので、割れにくい素材ではありますが、衝撃のかかり方によってはダメージが大きくなることがあります。

液晶画面が割れることで、タッチ動作に不具合が発生してしまうと、修理が必要となってしまいます。

「落下したが液晶画面は割れていない」という場合でも、安心してはいけません。

目に見えない小さなクラックが入っていることがあり、時間をかけて内部に水分が入ってしまう可能性があります。

iPhoneカメラの破損

iPhoneのカメラは、高性能かつ緻密に作られており、少しの衝撃でもダメージが発生します。カメラが破損してしまうと、ピントがぶれて被写体が写らない症状が見られます。

カメラの液晶のみならず、アプリにも影響を及ぼすことがあるので、注意しましょう。

場合によっては「カメラアプリが起動せず、強制的に再起動していまう」という現象が起こることもあります。

液晶画面が映らない

外部からの衝撃が加わると、液晶画面が部分的に映らない、もしくは全く映らなくなってしまう場合があります。

画面が映らなくなる原因は、衝撃だけでなく、iPhoneの液晶パネルの故障による不具合も考えられます。

落下によっては内部的な問題が発生することもあり、電子回路そのものに故障が生じてしまった場合には、買い替えを検討しなければなりません。

端末の配線や基盤破損による動作不良

落下の衝撃で、ケーブルや基盤が破損する場合があります。

端末の配線や基盤が破損してしまうと、液晶画面が映らなくなる、タッチ動作ができなくなる、などの不具合が生じます。

また、接触不良によるショートが発生した場合には、故障して電源が付かなくなりますので、気づいた段階で修理に出すようにしましょう。

バッテリーの膨張

落下ダメージにより、バッテリーの膨張が発生することがあります。

バッテリーが膨張すると、基盤が圧迫されてしまうため、動作不良を引き起こします。

動作に影響がないからといって、放置しておくことはとても危険です。

バッテリーの膨張は、破裂や爆発、発火のリスクが十分考えられるため、目に見える症状に限らず、小さな不具合でも早急に修理してもらうようにしましょう。

iPhone落下時の対処法

iPhone落下時の対処法をご紹介していきます。

iPhoneが落下すると端末に衝撃が加わるため、破損等の症状が現れていなくとも、ダメージが生じている可能性があります。

落下時に問題が生じてなくとも、後日不具合が発生する場合があるので、注意しておきましょう。

バックアップを取っておく

iPhone落下後は電源を入れて、端末が正常に作動するか確認してみましょう。

後日不具合が発生する可能性がありますので、バックアップをおすすめします。

Wi-Fi環境にあれば、iCloudを利用してバックアップしましょう。

iPhone内で完結するため、手軽に作業することができます。

また、不具合発生後に修理へ出すと、データが初期化されてしまうため、iTunesを利用した、パソコン経由でのバックアップも取っておきましょう。

修理専門店へ修理を依頼する

iPhoneの動作不良に陥ってしまった場合、メーカーの保証期間が残っていれば、Appleストアや、Appleと提携している代理店に修理を出しましょう。

保証書がなくても、iPhoneのシリアルナンバーで判別可能なので安心してください。

もしiPhoneの保証期間が過ぎてしまった場合には、修理費用が高くなってしまうため、キャリアショップへ修理依頼を行う方法も選択肢のひとつになります。

iPhoneの保証期間が過ぎてしまった場合には、費用が大きくかかってしまうため、非正規の修理専門店を利用するのがおすすめです。正規よりも安価な修理であり、修理時間の短縮化も期待できます。

正規店で修理を行う場合、データは基本的に消去されてしまいますが、修理専門店ではデータを保持したまま修理することも可能です。

ただし、専門店だからといって、どこを選んでいいとは限りません。利用する際には、技術力が認められた場所を選ぶようにしましょう。

例えば、総務省登録済みだと技術力に問題ありませんし、Apple正規の値段よりも出費を抑えることができます。

修理先店舗の一例を以下にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 上大岡駅周辺のiPhone修理専門店

上大岡でiPhoneの画面修理ができる場所としては、修理専門店「iCracked」があります。スマホ修理のグローバルブランドです。全世界で100万台以上、国内で20万件以上の修理実績があり、修理のプロが対応するため、安心して任せることができます。

また、総務省登録の修理業者なので、技術的にも問題ありません。

上大岡駅は、横浜駅から電車で10分の距離にあり、iCracked上大岡駅店は、駅から徒歩1分に位置にあります。

近辺には映画館やショッピングモールが集まっているため、空き時間を活用しやすいエリアとなっています。

iPhoneのカメラ修理代金は、モデルによって最大14,000円ほどかかります。

認可店や、技術力の高さが第三者から評価されている場所を選びましょう。

まとめ

iPhoneは、基本的に強化ガラスで構成されているため、落下しても見た目に遜色ない場合があります。

しかし、衝撃によって内部には確実にダメージが発生しています。

後日、不具合や故障につながることが十分考えられますので、注意しましょう。

必ずバックアップを取っておき、小さな不具合を放置しないことが重要です。

不具合を発見した場合、修理を依頼することをおすすめします。

iPhoneの保証期間を過ぎている場合や、修理時にデータ初期化したくない場合は、修理専門店であれば、比較的安価に依頼することが可能です。

スマホ豆知識カテゴリの最新記事